新事業開拓奮戦記

「新事業開拓を任せる」と誘われて20余年勤めた大手メーカーから子会社へ、マーケティングの専門家として出向して3年経ちました。この間いろいろ迷走しながらも、一応の方法論に従って新規ビジネスを立ち上げつつあります。その一部始終をご紹介します。新ビジネス開拓を担うご同輩の一助になれば幸甚です。
<< ITプラットフォーム系ベンチャーの成長パターン | main | ベンチャー企業との提携 (そのパターン) >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
ベンチャー企業との提携 (その狙い)
ベンチャー企業との提携ビジネス・インテグレーションをする場合は、狙いを明確にすべきです。

私たちは、以下のように考えました。



この中で特に優先順位を高くつけたのは、画期的な新しいものに挑戦するにしては時間とリソースをセイブでき、あわせて初期のリスクを軽減すると言うことでした。その分だけ初期費用が軽減されて、結果として小規模の初期投資で始められますし、状況を見ながら「身の丈に合った」ビジネス展開が可能となります。



| タロ君のパパ | 新事業開拓 | 09:11 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 09:11 | - | - |









http://newbizdevelop.jugem.jp/trackback/84
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキングへどうぞ
ブログランキング・にほんブログ村へ
+ グーグル広告
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE