新事業開拓奮戦記

「新事業開拓を任せる」と誘われて20余年勤めた大手メーカーから子会社へ、マーケティングの専門家として出向して3年経ちました。この間いろいろ迷走しながらも、一応の方法論に従って新規ビジネスを立ち上げつつあります。その一部始終をご紹介します。新ビジネス開拓を担うご同輩の一助になれば幸甚です。
<< 新規のお客様訪問件数へのこだわり | main | 個人の営業ノウハウの可視化 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
飛び込みセールス

飛び込みセールスの是非


訪問件数にこだわりましたが、飛び込みセールスは最小限に抑えることとしました。あくまでもキーマンが特定できているお客様への訪問を最優先して、アポが取れて付近に来ている「ついで」にその辺りのお客様候補に初めてのご挨拶をして相手のキーマンを確かめるためだけに限って、飛び込みセールスを行うことにしました。

実は最初の頃に、新規のお客様への訪問件数にこだわったためにセールスマンがKPI達成を優先して安易に飛び込みセールスを行ったわけですが、結果的に事前準備無しの飛び込みセールスは成功確率が非常に低いと言うことが判明しました。また、予め或る程度研究しておいて、その上でアポ無しで訪問した場合には、それなりに成果も得やすいことが分かりました。

これらを効率的に組み合わせた「タイムマネジメント」が大事であることを次第に理解してきました。



| タロ君のパパ | 新事業開拓 | 06:46 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:46 | - | - |









http://newbizdevelop.jugem.jp/trackback/65
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキングへどうぞ
ブログランキング・にほんブログ村へ
+ グーグル広告
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE