新事業開拓奮戦記

「新事業開拓を任せる」と誘われて20余年勤めた大手メーカーから子会社へ、マーケティングの専門家として出向して3年経ちました。この間いろいろ迷走しながらも、一応の方法論に従って新規ビジネスを立ち上げつつあります。その一部始終をご紹介します。新ビジネス開拓を担うご同輩の一助になれば幸甚です。
<< 「コンセプト化」とは | main | フェーズ1からフェーズ2への移行 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
「コンセプト化」で重要なこと
コンセプト化では、社員全員の共感を得ることが必須です。そのためには、いかのような条件を満たすことが求められます。

/靴靴てやる気が出る内容であること

会社トップのビジョンや進むべき方向性と合致していること

少し難しいが、達成可能で、挑戦しがいがあること

せ埔譴箋蚕僂凌靴靴て阿を先取りしていること

イらりと光るシンボル的な新しい言葉で語れること


この、最後に上げた「きらりと光る言葉」は、非常に重要です。分かりやすくて短い言葉で語れることが成功のための必須条件と言えます。私たちはこのために、ひとつの「造語」を作り出しました。



| タロ君のパパ | 新事業開拓 | 14:37 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 14:37 | - | - |









http://newbizdevelop.jugem.jp/trackback/47
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキングへどうぞ
ブログランキング・にほんブログ村へ
+ グーグル広告
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE