新事業開拓奮戦記

「新事業開拓を任せる」と誘われて20余年勤めた大手メーカーから子会社へ、マーケティングの専門家として出向して3年経ちました。この間いろいろ迷走しながらも、一応の方法論に従って新規ビジネスを立ち上げつつあります。その一部始終をご紹介します。新ビジネス開拓を担うご同輩の一助になれば幸甚です。
<< 「絞込み」のパラメータ設定 | main | クイックウィンについて >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - |
新規事業機会の優先順位付け
さて、上がってきた大変な数の「新規事業機会」ネタを、どのように整理して「見える化」するかが重要ですが、私たちの採用した整理方法は至って簡単なもので、以下のようなものでした。

優先事業機会マップ

すなわち、それぞれの新事業ネタがもしも成功した場合の事業規模を横軸に、成功するためのハードルの低さを縦軸に取った、2軸のマトリックス分析です。

縦軸では上に有るほど、その事業が成功するためのKFSに比べて現在の自社の資産が流用可能性が高いことを意味しています。その詳細は、先述のパラメータに基づく分析に拠っています。

最も魅力的なのは言うまでも無く右上の「本命」と呼ばれている領域ですが、残念ながら我々の幅出し結果では、ネタが上がってきませんでした。我々は、「青い鳥は居なかった」と割り切りました。

幸いにして、規模はそれに及びませんが現状の競争力が直ぐに発揮できる新事業ネタが真ん中上の「優先順位◆徇琉茲粘つか上がってきました。これらはいずれも4つのカテゴリー分けで「染み出し領域」に属するものでした。早速その中で更に優先順位をつけて、それぞれの部門で計画的に実行することとしました。従来と違って、会社としてそれを認めてバックアップするのを明確にコミットしました。

右下の、優先事業機会は、4つのカテゴリーで「機会的事業機会」と呼ばれているものが幾つか上がってきました。これが当社の「将来の本命」で、この実行計画を更に深めるために次の検討ステップに進めることとしました。

事業規模は小さいけれども直ぐに成果の出る「クイックウィン(quick win)」と呼ばれるものが多数上がってきました。



| タロ君のパパ | 新事業開拓 | 06:19 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 06:19 | - | - |









http://newbizdevelop.jugem.jp/trackback/35
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ SPONSORED LINKS
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ ブログランキングへどうぞ
ブログランキング・にほんブログ村へ
+ グーグル広告
+ MOBILE
qrcode
+ PROFILE